2019年04月09日

三十七日目 奈半利から安芸へ

8:00出発。
遅い。遅すぎる。
こんなんでいいのか。
いや、これでもまだ余裕のヨッチャンなのだ。
なにせ、今日は安芸で終わりなのだから。

これは高知の地理を知らないと分からない事だが、
仕方ないのだ。


いつも通りの距離を歩くとしたら、奈半利から出発するなら、手結か夜須までが妥当だろう。
健脚な人は野市の東の外れくらいまでは行くかもしれない。

しかしだ、仮に夜須まで行ったとして、
そこから翌日歩くとしたらどうだろうか。
竹林寺に5時までに着けるだろうか。

俺の足ではギリギリ無理だと思う。

そうするとどうなるか。
一宮かそこらで泊まることになる。

実際、この距離で進み続ける人は、サンピアか土佐路に泊まるのだろう。
それか、一宮からバスに乗ってしまって、
中心街に泊まり、高知の夜を満喫して、
翌日またバスを使って歩き直しする。
そのどちらかだと思う。

サンピアか土佐路って。

それならもういっそ家帰るわ。



ということなので、今日は安芸泊まり。
明日は大日寺さんを打ったあと北側に抜け、土佐山田で泊まり。
そして明後日、竹林寺に昼頃到着の予定だ。

このほうが良いと判断した。



4E635A31-5E11-41DF-99FD-822E12FC53F9.jpeg
神峯寺さん方面を眺める。
お寺の直前がきつい傾斜になっているのが遠目でもわかる。
車で来たことは何度もあるけど‥‥‥

ま、車が登れる道なら、まだ大丈夫さ。
雲辺寺佐野道はそんなレベルじゃなかったからな。

6ECE71BD-8C47-402C-B78B-3A1CBFD6E387.jpeg
ちょっと来ないうちに、
車道がすこし良くなった?かな?
こんな場所あったっけ?

綺麗に舗装し直されている。
拡張もしてあって、車のすれ違いも容易だろう。

20163CC2-7130-4609-AD6E-AA5021645A98.jpeg
山道入り口。
ただ、ぶっちゃけ、神峯さんのところは
クネクネする車道の間を突っ切るような感じで
登り道として残っているだけなので、
ずっと山道を登るわけではない。

最初車で来た時はびっくりしたけど、
なんか慣れた感があるな、この道も。

それでもキツイはキツイ。
汗びっしょりになる。
知っている道だから少し余裕があるのかもしれない。


登り始めて一時間ちょっと。
無事神峯寺さんも打つ。
あとお寺は3ヶ寺+竹林寺だけだ。

F5C775E7-0F3F-4045-8DBD-CB28E239CDC2.jpeg
下りの道の休憩所で一休みする。

この日は、ここ一週間で会った人のオールスターという感じで、
また会った人が沢山であった。

昨日のデミアン君は朝早く出発したそうで、登りの時にすれ違った。
太田のじっちゃんは、いつの間に抜き返していたのか、打ち終わったあとの麓の辺りで出会う。
やはり登り道はしんどそうだ。
その他、見かけた人や、話した人などなど、
どれも会ったことがある人ばかり。

まあ、ほぼほぼ同じ日程で歩いているよね。
泊まるところが違うだけで。


昨日の陽気なマイクおじさんが、俺以上に汗だくになって登っている。
でも楽しそうに歩いているな。
いつでも笑顔なのはとてもよい。

俺「This way is famous for hard.」
「Oh‥‥」ゼエハア
俺「Local people call "Mattate"(真っ縦)」
マ「"Mattate" ?  What's meaning?」
俺「ン〜〜‥‥‥、"Feels like vertical"」
マ「ハッハッハ(笑)     OMG(笑)」
俺「Cheer up, Mr.」
マ「THX, my friend」

細部の文法とか知らんがな。
マイクおじさんとは友達になれたようだ。



お昼を越して、テクテク歩き、
安芸に入る。
64893476-2800-4ED2-9E0A-5C4B1B2BAB50.jpeg
安芸川の橋の上から北側を見て。

この方角の少し先が土居だな。
野良時計がある土居。
土居保育園がある土居。
その横にプーギーというミニブタが住んでいるはずだ。
今日は火曜だから散歩とかしているのかな?

見に行ったりはしないけど。



というわけで3時に宿にイン。
阪神の秋キャンプがある時は常宿になっているところである。
その頃はここ取れないんだろうなぁ、歩き遍路は。
大変だ。



また明日。
posted by 健真 at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする