2019年04月06日

三十四日目 辺川から野根へ

朝は7:20発。
いつもと比べると遅めの出発だが、
下り電車の始発が7:30でないと無いのだから仕方ない。

日和佐から二駅分進み、昨日の辺川駅から再スタートする。
今日は移動オンリー日だ。
なんとかして野根まで行きたい。

F1E43563-1423-4229-BAF5-656891311FFE.jpeg
牟岐の町を過ぎた頃、ようやく海沿いになってくる。

ああ、なんか見慣れた海だわぁ。
こんな海岸線は良く見たよ、はじめの頃。


まだ室戸の東側だから、ぼちぼち海水浴場がある。
これが高知の中に入ってくると、
海水浴場なんて数えるくらいに減る。

県外の人にはイメージしづらいかもしれないが、
高知県は海に面しているといっても、
荒海に相対しているところがほとんどなので、
のどかに海水浴やサーフィンができる浜辺などは
その海岸面積に比べて少ないのだ。



浅川のあたりで、蛇王運動公園というところの横を通り過ぎる。
じゃおう、ではなく、ざおう、と読むらしいが。
なかなか良い名前じゃないの。

ドラゴンボール、幽白、スラダンで育った世代にはストライクだ。
後ろに炎殺黒龍波(cv檜山修之)とつけたくなる。
あ、あっちは蛇王じゃなくて邪王だった。

海陽町に入ると、地名の一部が「海南」のところがある。
海南大付属といえば牧と神だな。
思い出した思い出した。



とかなんとか、昔のジャンプの思い出に浸りながら
テクテク歩いていく。
こうでもしないと、暑さにやられるのだ。

ここ数日、なんとも暑くなってきた。
真夏のそれとまでは行かないが、
こちとら着物は襦袢も含めると4枚着ている計算になる。
衣だって夏用の風通しの良いものではない。

汗をジワジワかいていく。
額の汗止めの手ぬぐいもよく交換していかねばならない。


海陽町の海部を過ぎ、那佐に入った。
DBDCCC6D-F070-4937-A11E-15C4B61765F3.jpeg
1E720A70-72C5-4B51-A600-DC856C831586.jpeg
A62B5F12-E6C6-49A4-9575-062B4FA0F8CB.jpeg
綺麗な入江の海だ。

車で通っている人らの目線からは、
この綺麗さは実感できないのだろうと思うと、
歩いていてよかったと感じる瞬間だ。

実際、自分もこの道は車で通り過ぎたことはあるけれど、
こんなに綺麗な海が広がっているとは知らなかった。


ちょうど12時になった頃、
「めしや」という直球な名前のご飯屋さんを見つけて入る。
346244AB-59D3-4A68-95C6-D490820C0682.jpeg
客は俺ひとり。
海辺を眺めながらお昼にした。


贅沢な時間だとしみじみ思う。
あと少しで仕事の日々に戻らねばならない。

嫌か?と自問自答する。

いや、自分のやるべきことをやるだけなのだ。
求められていることは有難いことなのだ。
この経験を、この歩き遍路の面白さを、
この贅沢な時間の使い方の醍醐味を、
多くの人に知ってもらいたい。
もっと、
歩き遍路って素晴らしいのだと、
広く発信していきたい。

それが、この旅に出してくれた、
住職含め、お寺の方々への恩返しになる。

そうひとり考えていた。



今晩の宿の宍喰を過ぎ、
甲浦を過ぎ、東洋町に入る。
A36C5DDC-AD7F-4401-A129-8E889D673EB1.jpeg
県境の看板は見落としてしまった。

ともあれ、高知県に帰ってきた。


野根まで頑張って歩ききったのが3:15。
そこからバスと電車を使いながら、宍喰に戻る。
野根に良い宿があればよかったのだが、
まあ、、、野根だし。
野根まんじゅう。野根まんじゅう。


明日は野根スタートから室戸岬まで行く。


甲浦の駅ホームにて。
EEB67991-DB12-4FD2-B385-943D3184C34B.jpeg
旅情を誘う風景だ。
28D270A3-DF82-41BD-87DA-CA3FA492D9EB.jpeg
ちょうど「お花見列車」のイベント期間だったようで、車内に電飾がつけられていた。
13282F47-4452-4792-8494-ECE2D4B6FA2D.jpeg
トンネルばかりだし、これはこれで綺麗である。



また明日。
posted by 健真 at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする