2019年04月03日

三十一日目 一宮から勝浦へ

朝6:45出発。
同宿に四人組のお婆さんお遍路さんの一団がいらっしゃったが、
夕飯は部屋食だったし、
朝食は別時間だったしでほとんど顔を合わせず。

正直ほっとした。
なんだかモメてたみたいだったし。
廊下まで聞こえるのはねー。
なんだかねー。


さ。
気を取り直して、今日も歩くぞ。


正規のルートでないため、矢印シールは無い。
バイパスをテクテク歩いていく。
00739634-7ADD-4C97-9423-B983CA720389.jpeg
またもや出てきた潜水橋の上から。

鴨がスイスイ泳いでいる。
日差しが降り注ぎ、桜が咲き、風は涼しい。
うーむ。中春の令日にして気淑く風和ぐ。

平和だなぁ。


恩山寺まであと6キロほどになった頃、
焼山寺への道で知り合った、ロンドンから来たという青年に出会う。
名前はマイクというらしい。
恩山寺までの約一時間半を同道する。

英語と日本語が入り乱れての会話だが、
結構よく話した。
歳は聞いていないが、大学生くらいだろうか。
日本は初めてだそうだ。
スマホ内の辞書片手に、日本語を覚える音声ソフトを聴きつつ、日本語を覚えながら歩いている。

感心感心。
外国人お遍路さんの中には、その日本語力でどうやってここまで来たってくらい言葉がわからん人も少なくないからなぁ。
プチ日本語レッスンを引き受けた。

語尾に「ネ」を付けるのが好きだという。

あっちネ。
疲れるネ。
ありがとございますネ。

なんだか可愛らしい。

「ダイジョウブ」
「シカタナイ」
「トイレカシテクダサイ」
などを教えていく。

恩山寺に着いて後は、俺のお勤めが長くかかるので先に行ってもらった。

彼とは立江寺の門前でもすれ違う。
E53ADFDB-76BE-4A03-8FA8-2AF60EB44C6E.jpeg
頑張って歩いてほしい。


DB0CFB00-7186-4090-8FE0-10DEB5913752.jpeg
そもそもがそんなに距離を歩かない日であったので、
のんびり歩きの一日であった。

やはり徳島だと、歩き遍路さんも多いな。
区切り打ちで途中退出する人も割といる。
室戸に行く前がその分かれ目だろうと思う。
薬王寺さん過ぎたら減るだろう。



宿は廃校になった小学校を改造した、宿泊所。
結構評判が良いので、利用する人も多い。

人多すぎて今夜は一部屋に二人である。

東京からいらっしゃったという男性の方。
歩き遍路は去年の春に続いて2回目だそう。
親父と同い年だな‥‥‥。
去年の、例の専修学院出てすぐ歩き遍路をしていた若い尼さんに会ったことがあるそうな。

世間は狭いのう。



また明日。
posted by 健真 at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする